So-net無料ブログ作成
検索選択

中国政府、Googleに対し「我々に従わないのなら消えろ」と警告

あるAnonymous Coward 曰く、中国インターネット規制当局のトップは、「法律に従うか、そうでないなら責任を取れ」とGoogleに迫ったそうだ(本家記事)。インターネット検索の検閲をめぐり中国当局と米Googleとの間では数カ月に及ぶ交渉が行われている。中国工業情報化部のトップはこの件に関し「中国の法律や規制に従わないということは、非友好的であり、無責任であるということであり、その代償は求められる」との見解を示した。当局は「中国からの撤退判断は彼らに委ねられてはいない」とも述べ、従うか撤退かの二者択一であり、中国側に妥協する意思はないとの強い姿勢を示したそうだ。また「(Googleが)撤退したとしても中国のインターネット市場の発展は続いていく」とのことで、検閲は国と国民の権利を守るために必要であり「安定や、人々に有害と判断される情報をブロックするのは当たり前である」とも述べたそうだ。なお、最新の報道によるとGoogleの99.9%の確率で中国から撤退することが確実とみられているそうだ。スラッシュドットのコメントを読む | 検閲関連ストーリーサイバー攻撃の発信源として使われる中国 2010年02月23日Google、中国で Android 携帯 2 種を発売延期に 2010年01月21日Google へのサイバー攻撃、内部関係者が関与か ? 2010年01月21日Google、中国支部の閉鎖を正式決定? 2010年01月16日中国、Google にポルノ対策で Google サジェスト機能停止等を要求 2009年06月22日

ニコン、「COOLPIX S4000/S3000」の一部カラーの発売日を延期

写真拡大上から「COOLPIX S4000」のルビーレッド、「COOLPIX S3000」のアクアブルー、ポップグリーン  ニコンは3月16日、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S4000」のルビーレッドと、「COOLPIX S3000」のアクアブルー、ポップグリーンの発売日を4月2日に延期すると発表した。 発売延期の理由は、「注文が当初予定した数量を大幅に上回り、十分な台数を用意できないため」としている。その他のカラーのモデルについては、当初の発表通り、3月19日に発売する。 「COOLPIX S4000」「COOLPIX S3000」は、有効1200万画素のCCD、光学4倍ズームのNIKKORレンズを搭載した薄型スリムボディのコンパクトデジタルカメラ。「S4000」は直感的に操作できるタッチパネルを採用し、被写体にタッチするだけでピントと露出を瞬時に合わせて撮影する「タッチシャッター」や、動く被写体を追いかけてピントを合わせ続ける「ターゲット追尾」などの機能を備える。 豊富なカラーバリエーションも特徴で、「S4000」はブライトブロンズ、シャイニーシルバー、ルビーレッドの3色、「S3000」はァインオレンジ、ピュアシルバー、ビビッドピンク、アクアブルー、ポップグリーンの5色を用意する。価格はともにオープン。実勢価格は「S4000」が2万5000円前後、「S3000」が2万円前後の見込み。【関連記事】売れ筋ランキング【コンパクトデジタルカメラ】ニコン、光学7倍でもスリム、夜景撮りに強いコンデジなど「COOLPIX」3モデルよしもとの写真好き芸人、ニコン「COOLPIX S6000」を特設サイトでアピールニコン、「Wii」と「YouTube」で動画配信、カメラや半導体の技術を紹介最新デジカメ・機器の祭典「CP+2010」ニコン、ISO 102400の世界を体験しよう!

架空請求詐欺被害が倍増=3月の振り込め−警察庁(時事通信)

 全国の警察が認知した身に覚えのないアダルトサイトの料金などを請求する「架空請求詐欺」の3月の被害額は、前月の2倍超となる約2億6140万円だったことが16日、警察庁のまとめで分かった。2月の被害額は約1億2340万円だった。
 振り込め詐欺全体の3月の被害額は約7億5490万円で、2カ月連続で増加。このうち、おれおれ詐欺は約4億5350万円に上り、全体の約6割を占めた。 

<築地>中卸団体が特定調停を申請 東京地裁に(毎日新聞)
日韓議連会長に民主・渡部氏=森元首相から交代(時事通信)
日本介護福祉士会、石橋会長の3選が内定(医療介護CBニュース)
郵便不正公判 村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)
舛添氏は「オオカミ中年」…新党発言に批判(読売新聞)

アンチェロッティ:「モウリーニョは歓迎されるだろうが…」

16日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、インテルと対戦するチェルシー。イギリスメディアにとって、インテルのジョゼ・モウリーニョ監督がスタンフォード・ブリッジへ戻ってくるというニュースに張り合えるのは、ミランMFデイヴィッド・ベッカムのケガの話題だけだ。当然、チェルシーのカルロ・アンチェロッティ監督も、“スペシャル・ワン”について話さないわけにはいかないだろう。前日会見で、アンチェロッティ監督は次のように話している。「彼(モウリーニョ監督)にとっては特別な夜になるだろうし、チェルシーのサポーターは彼を歓迎するはずだ。彼はそれにふさわしいからね。その上で、試合はまた別物だよ。ジョゼは素晴らしい経験を持っており、CLを制覇しているし、異なる国々で多くのタイトルを獲得してきた。私もヨーロッパで優勝している。だから、我々指揮官が違いになることはないだろう。大事なのは、選手たちがピッチで示す勇気と力、そしてクオリティーだろうね」「モウリーニョと話はするだろうが、それは試合が終わってからになるだろう。結果がどうなろうと、彼が望むのであれば、我々は話し合うことができる。ワインのグラスを傾けながらとかね」

ドラッグアンドドロップで楽々画像をコンバートできる『Photo Magician』

Windows:画像の山を全て手動でコンバートしようとは思わないけど、良いバッチコンバーターが見つからない...という方に、無料ポータブルアプリ「Photo Magician」がオススメです。ドラッグアンドドロップの操作で、カンタンに画像がコンバートできます。Photo Magicianには、「Full Convert」と「Quick Convert」の2つのモードがあります。Full Convertでは、入力と出力の選択、そしてサブフォルダのスキャン、元のファイルへの上書き、イメージプレビューをスキップして速度を上げる、イメージのフォーマットの統一、などのオプションが実行できます。 Photo Magicianは人気のポータブルデバイスや、一般的によく使われるイメージサイズにも対応しています。「Custum」を選択すれば、プリセットに入っていないサイズにも変換可能です。しかし残念ながら、プリセットに独自の変換設定を保存することはできません。この点が改善されたら、さらに素晴らしいプログラムとなりそうですね。メニューバーにある「Quick Convert」をクリックすると、プログラムはサイドバーガジェットのようなマジシャンの帽子のアイコンへ、最小化します(左画像)。画像を帽子へとドラッグアンドドロップすると、自動的にコンバート、設定した%へ変換された後に保存されます。Photo MagicianはWindows専用のポータブル、無料ツールです。他にも、楽々使えるオススメのコンバートツールなどがありましたら、コメント欄へお願いいたします。Photo Magician [Softpedia via Addictive Tips]Jason Fitzpatrick (原文/訳:松井亮太) ■あわせて読みたい「Mini Wide」を使えばネットブックや小さなスクリーンでもGmailが快適に見られるハードディスクドライブの進歩がXPのパフォーマンスを悪化させる?!面倒なモニターのキャリブレーションが手軽にできる「Photo Friday」『Alfred』は『Quicksilver』に代わるランチャーになり得るか?

「アバター」再編集版が、今夏全米で再公開へ?

写真拡大追加8分を見に劇場へ!?(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved. ジェームズキャメロン監督と20世紀フォックスが、未公開映像を加えた「アバター」再編集版の全米再公開を企画していることが明らかになった。米ハリウッド・レポーター誌が報じたもので、再公開の時期は今年の晩夏ごろを予定。おもに3DおよびIMAXシアターでの上映となる。またその際には、現在公開中の162分バージョンには含まれなかった未公開シーンが追加されるとのことだが、アナログIMAXシアターで上映できるのは最長170分までとなっているため、おそらくその範囲に収められることになりそうだ。ただし、再公開の理由はあくまでも興行面にある。12月18日に全米公開された「アバター」は、3月に入っても北米2456スクリーン(うちIMAXが179)で上映されていたが、3月5日にティム・バートン監督の3D大作「アリス・イン・ワンダーランド」が公開されると、その規模は2163スクリーン(うちIMAXが8)へと縮小。結果的に、その週の興収は前週比41%のダウンとなった。「アリス・イン・ワンダーランド」は、「アバター」を超えるオープニング週末興収1億1630万ドル(約105億円)で全米映画史上歴代6位の大ヒットスタートを切っており、つまり「アバター」が近々3D上映館を取り戻す術もないということになる。すでに全世界で26億ドル以上の興行収入を稼いだ「アバター」だが、キャメロン監督含めたプロデューサーたちはまだまだ満足していないようだ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。